スペシャル カテゴリー 22本該当
< PREV
62/65
NEXT >

Lorena Fejio インタビュー


タイトル写真:ロレーナさん憧れのパリ・オペラ座

サンフランシスコ・バレエ団のプリンシパル
ロレーナ・フェイホさんに聞く!


凛とした素顔のロレーナ・フェイホ

バレエの舞台だけでなく最近ではテレビにも出演してその芸域をさらに広げて活躍中のロレーナ・フェイホさん、
素敵な笑顔と楽しいおしゃべり。

お忙しいところ朝早くから申しわけありません。 では、まず最初に朝に起きたあと、ロレーナさんがする最初のことは、何ですか?

L:はい、私はキューバン・コーヒーを自分で入れて飲みます。そうです、あの濃いまったりとした。(笑)
私は、ここでは、イタリア製のエスプレッソ・マシーンで入れていますよ。だから、とってもおいしい~!

さて、本題に入りましょうか?ロレーナさんは何歳くらいからバレエを始めましたか?

L:う~ん、記憶では、9 才のときですね。以外と遅かったのかもしれませんね、他のダンサーの人たちは、3歳とかいるでしょう?みんな、本当に覚えているのかしら?

ホントですよね~、では、ロレーナさんが、踊った最初のステージは、覚えていますか?

L:小さかった私が覚えている記憶では多分11 歳の時だと思います。その頃は、いろいろな劇場の廻りをうろうろしていいたのも覚えています。

ハバナには旧市街、新市街とあわせたらいたるところに劇場がありますからね。遊び場でもあったっわけですよね?

L:そう、劇場の中に入ることも子どもなら可能でしょう?だから、日本では「かくれんぼ」っていうの?そういうのをやったわ。
あと私が、小さい頃はまだ、今より少しはモノもあったから(笑)
女の子はいろいろなことを家の中や外でも楽しみましたよ。もちろん、本も読みました。

そんな本をたくさん読んだロレーナさん、どこの国がお気に入りですか?

L:どこの国?って言われると…。
そうですね~、いろいろなところに仕事でもプライベートでも行きましたが、どうしてもって聞かれるとスペインですね。
私自身がスペイン語をしゃべれるからというのと違和感がなかったですね。
あとは、フランスのパリかしら。とっても魅力的な都市でしたね、あの頃の私にとっても。


楽屋で念入りに舞台化粧をするロレーナ・フェィホ

それは、なぜでしょう?

L:私は、いろいろな場所を訪ねたり新しいことを発見するのが好きです、だから訪れた国はどこでもお気に入りなんですよ。人、街、自然、その国の文化そしてその土地の食べ物。
新しい発見がどこでもあるでしょう?
新しい人との出会いはもちろんのこと、特にその国の異なった地理から創造させることや学ぶことは行くたびに感じることが出来るわ。でも、やっぱり楽しみは、行く先々での食事かしら?

「色気より食い気」っていう日本のことわざがありますが、まさにそれですね。

L:えっ、やだ~、それと同じような言い回しは、キューバにもあります(笑)
でも、やっぱりその土地の食事って大きな文化じゃないですか?だから身をもって体験できる身近なことですよ。
そういうふうに書いておいてくださいね。

スペインには、思い入れがありますか?

L:私にとってスペインは、私が私自身が過ごして人生を送る活路を見いだした場所でもあります。
だから、私はスペインのそこかしこ、彼らの食べ物、彼らの都市から受けるすべてのものが気に入っています。
特にスペインの彼らの最も小さな町にさえ、個々の魅力がありますよね。


ドン・キホーテでの爽快な跳躍

そうですね、スペインは音楽をはじめとしてあらゆるジャンルのアーチストが世界中で活躍していますよね。

L:みなさんがご存じの彼らの文化、踊りのフラメンコ、そしてそれは私とバレエを繋ぐ大切なものでもあるわ。

フランスが好きな理由は?どんなことから?

L:パリを崇拝するぐらい常に憧れています。フランス語がもっとも好きな言葉で、私も少し話せます。そして訪れるたびに再発見することが出来るロマンチックな都市が、パリよ。 バゲットが、大好き!そして、パリ・オペラ座で踊るのが私の夢ですね。


ジゼルより

では、少し話題を変えて、プライベートで今、どんなことをしたいですか?

L:もう、とにかくいろいろなことをしてみたいわ。時間がないみたいだけれど・・・
最近考えているのは、ウディ・アレンのような映画監督も手掛けてみたいと思っているところよ。もちろん役者としても出演してみたいわ。

かっこいいですね、自分で出演する映画に主演・脚本・監督ですか?

L:そうそう、先日も妹のローナとセサミ・ストリートに出させてもらったりしたので舞台も楽しいけれどああいうメディアにも最近、惹かれているの。


オクタビオ・ロカ氏の上梓した「Cuban Ballet」にサインをしていただきました

他に興味を持っていらっしゃることは?

L:いっぱいあるわよ!まず、旅行、料理、映画、いろいろな国のことば、おもしろい人たちを発見すること(笑)、ファッション、私の赤ちゃん、かわいい子犬、あとは、香水を集めることかな、そうそう食べるものもあるわよ、ヨーグルト、アイスクリームなどかなとりあえず、思いつくのは。

では、バレエ以外の趣味は?どんなことでしょう?

L:これもいっぱいあるわよ!まず、旅行、後は、モノのコレクションね。まず、香水のコレクションからはじまって・・・・ 香りは、そのイメージでいろいろなことを考えたり思い出に浸ることもできるわ。 ファイン・ポーセリンの珈琲カップを集めてそれで紅茶を飲むことも趣味かしら? そうそう着物も最近集めているの日本のそれは、まさに芸術よね。

ありがとうございます、日本の伝統的な文化で普段来ている人を見かけるのは特別なエリアかも知れませんが、 「Kimono」という言葉をロレーナさんから聞けてうれしいです。 ほかには?

L:サルサやサンバを踊ることとか素晴らしい音楽を聴いたり本を読んだりですね。

好きなスポーツとかは?

L:よく観戦するのは、テニス、バレーボール、体操などですね。


ドン・キホーテより

ある日の舞台から

あなたの後輩のヴィングセイ・ヴァルデスが、昨年ハバナでお目にかかったときに彼女の趣味は、 マレコンで釣りとか話してくれましたよ。
おまけにバレエ以外のスポーツは、シャレじゃなくてバレーボールだとも。

L:はははっ、彼女らしいわね。

ところで、アメリカでの暮らしは、いかがですか?

L:ええ、とても快適よ。そして、とても幸運だとも感じています。世界中の多くの人たちが、この国で暮らしたいと思うことを考えたら・・・

そうですね、ロレーナさんは、ここでのこれからをどんな風に考えていますか?

L:多くに人々に支えられてみなさんの期待を裏切らないようにがんばってゆきたいです。
最近は妹のローナと一緒に仕事をすることも多くなりますます忙しくなりそうよ。


妹のローナ・フェイホさんと一緒のロレーナ

今、話題の「フェイホ・シスターズ」ですね、セサミ・ストリートを見ましたよ。パペットとのコンビとってもお似合いでしたよ。

L:ありがとう、私もバレエのステージとは違うキャラクターを妹のローナと一緒に出せたと思ってうれしいの。

ところで好きなダンサーまたは、尊敬するダンサーはどなたでしょうか?

L:そうですね、知的で音楽的才能にも溢れているミハイル・バリシコフでしょうか?彼の舞台度胸も尊敬するものがあります。
そうそう、オクタビオ・ロカの「Cuban Ballet」にも詳しく紹介されているわ。宣伝しておいてね!

他にはどのような方が?肝心な人忘れてな~い?

L:もちろんバレエを教えていただいた大先輩のアリシア・アロンソは、尊敬しています。彼女からは、本当にいろいろなことを学びましたよ。
好きなダンサーは、女性ならアレッサンドラ・フェリ、アリーナ・コジョカル、ゲルセイ・カークランドなど、そうそう妹のローナ・フェイホも書いておいてね。
あとは、フレッド・アステア、ご存じでしょう?ミュージカルの、私、大ファンなの。


ジゼルより

ええ、ある時代のハリウッドの大スターですよね、渋い好みですね?ところで好きな振付師とかいらっしゃいますか?

L:いろいろなスタイルの踊りを踊ってきましたが、南アフリカ出身のバレエダンサーで振付家のジョン・クランコをはじめとしてイリ・キリアン、ウィリアム・フォーサイスらと一緒にやったのが楽しかったですね。
あとは、ユーリ・プロコフィエフの時代の振付師でしょうか。アレクセイ・ラトマンスキーなどですね。

ロレーナさんの平均的な一日のスケジュールは?

L:朝10時からクラスが始まります、夜の6時半から7時まで一般的にはリハーサルをしていますね。
シーズンには10時半くらいまで一日5回くらいのリハーサルを繰り返しています。
休みは、週に1日、時々2日のときもありましたが、今はちょっと忙しいかな?


表情豊かなロレーナさん

最後に日本のファンに向けてひとことお願いします。

L:ええ、是非日本で踊ってみたいわ!そして、私の最高のパフォーマンスをみなさんに観ていただきたいと思います。
ええっ?呼んでくれる?(笑)

すぐには、無理だと思うけれど…

L:日本の本当の文化に触れてみたいと前から思っていたので是非、近い将来日本で踊りを披露できる日を楽しみにしています。

今日は、朝早くからありがとう。

アメリカのメディアでも活躍しているロレーナ・フェイホさんは、笑顔がとってもチャーミングで素敵な女性でした。
同じように活躍するキューバ国立バレエ団のホセ・カレーニョ、カルロス・アコスタらとは違ってしっかりアメリカに腰を落ち着けて人生を歩んでいる、そんな印象を受けました。


マルク・シャガールの天井画
Interview:Carlos Kawashima
更新日:2011-10-19
2689pv

あわせて読みたい

コメント

サンフランシスコで!
雅美  2016-04-17  コメントID:63
ロレイナ フェイホさんにサンフランシスコでお目にかかりました。
とても素敵な女性です。
中の良い妹さんにも一緒に!
大活躍のロレーナ・フェイホさん
優里  2014-04-01  コメントID:57
キューバのバレリーナは、たくさん世界中で活躍しているけれど彼女が一番落ち着いてアメリカで活躍していますね。
妹さんも一緒みたいですね。
サンフランシスコに
美咲  2011-12-10  コメントID:56
ロレーナさん、サンフランシスコで踊っていたんですね。
前に偶然、スペインで彼女の踊りを観ました。
日本にもこないかな~?
サンフランシスコで観ました、ロレーナ・フェイホさん
由里  2011-10-20  コメントID:55
今年の春にSFで観ました、ロレーナ・フェイホさん、キューバの方だったんですね。
アメリカで成功してるキューバ人って本当に多いんですね、ホセ・カレーニョ、カルロス・ァコスタここでも紹介されているAdiarys Almeidaアディアリス・アルメイダさんもキューバの出身ですね。
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※広告すべて却下、日本語のみ受付け(関係者対象外)。管理者の承認後表示されます
※If you are a this site officials, comments please send an e-mail
(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)
< PREV
62/65
NEXT >

最近のコメント
フランク ミュラーコピー
私の言いたいことは、私がどれほどまでに私...
フランク ミュラーコピー
サンフランシスコで!
ロレイナ フェイホさんにサンフランシスコ...
雅美
映画見ました〜
映画でファンになりました〜 踊りが素晴...
由利江
スペインならアンへル・コレーラ!
こんなに顔の整ったバレリーナって珍しいで...
奈美子
今年のバレエ・フェスに
今年の世界バレエ・フェスティバルに出演さ...
友里
春にランチで
2015年の春に行きました、ランチ時でも...
健二
えっ?アンヘル・コレーラが?
凄すぎるぅ〜こんなところでコレーラにお目...
みどり
大活躍のロレーナ・フェイホさん
キューバのバレリーナは、たくさん世界中で...
優里
サンフランシスコに
ロレーナさん、サンフランシスコで踊ってい...
美咲
サンフランシスコで観ました、ロレーナ・フェイホさん
今年の春にSFで観ました、ロレーナ・フェ...
由里
新着順
2699PV
2280PV
2335PV
2689PV
3124PV
人気順
8050PV
3644PV
3521PV
3475PV
3124PV
3055PV
2943PV
2938PV
2764PV
2699PV
2689PV
2649PV
2552PV
2512PV
2464PV
2464PV
2449PV
2335PV
2280PV
2228PV
Callos Kawashima
The concierge
Carlos Kawashima
プロフィール:
メディア・プロデューサー。当サイトConcierge、各界の著名人のインタビューを通 して各界の「今」をご紹介予定。
Produce by Studio Winds Co.,Ltd.