スペシャル カテゴリー 22本該当
< PREV
10/65
NEXT >

ソムリエナイフの名門 フォルジュ ドゥ ライヨール


唯一フランス政府公認のナイフ

Appellation D'origine Couteau et Forge De Laguiole(フランスの村の鍛冶屋

数ある ソムリエナイフの中でも、高級品として最も人気のあるのが、フランスのほぼ中央、オーブラック地方のアヴェロン県に位置する、 ナイフとチーズでよく知られた小さな村「ライヨール(Laguiole)」の名を冠したナイフである。

フランス特許庁が公認した「LAGUIOLE ORIGINE GARANTIE」の刻印を刀身の根元に刻むことが出来る唯一のライヨールナイフはフォルジュ・ドゥ・ライヨール。
2007年 ライヨール 社は、これまでのライヨールナイフの伝統技術という遺産の継承が認められ、フランス政府よりEPV「フランス伝統技術継承企業」に認定。ライヨールのブランドストーリー、その文化性にこだわる ライヨールナイフ のファンは、オリジンの ライヨール社 製のナイフを愛用している。

1981年、ライヨール 村のために ライヨールナイフの生産を再び発足することを目的に、 "Couteau de Laguiole"(ライヨール 村のナイフ)協会が発足する。 「ライヨール村」産を保証するラベルを登録することで、アトリエや職人が一丸となって、 統一された明確で厳格な仕様書に基づき、開閉式ナイフを生産するようになる。
このようにして、ナイフの全ての生産行程が、地元で行われることによってナイフを土地の文化として崇め、 再び ライヨール 村が蘇生するきっかけをも創り出してゆくことになる。
そんな中で、1987年に発足したForge de Laguiole社は、ライヨール 村のためプロジェクトとして今日では、 つとに世界にその名を知られるようになる。
フィリップ・スタルクに依頼したブランドのデザインは、伝統と創造を融合させる企業哲学を表現するものである。
さらに、フォルジュ・ドゥ・ライヨール社は生産を向上させながら、受け継がれた技術への敬意を示して、 地元で使用されていた小さなナイフが、今では、文化的な逸品として世界に知られるようになる。

革新と伝統を継承しながら、ライヨールは地場産業として、今も進化を続けている。
その証は、フランスのフィリップ・スタルクをはじめとするヤン・ぺノールズ、エリック・ラフィ、エルメス、 ソニア・リキエル、ピエール・エルメ、マタリ・クラッセ、クレージュ、ジャン・ミッシェル・ ヴィルモットといったクリエーターが フォルジュ・ドゥ・ライヨール社 のデザインを支えている。

18世紀ごろ、標高1000~1500メートルの山々に囲まれた ライヨール 村では、冬になると農作業ができなほど雪が降るため、 スペインへ出稼ぎに向かい、帰りには美しいポケットナイフをお土産に持ち帰る習慣があったいわれている。 牧童達が、日用品として使用されていたナイフは、非常に簡素なものだったが、それは第3の手のようなもので、 ナイフなしには1日たりとも過ごせなかったという。
その頃の牧畜の仕事はもちろん、1日の仕事を終えて神に祈るとき、十字架の代わりにナイフを大地に刺し 、深く頭を垂れたとの言い伝えも残っている。
1829年に ライヨール 村に生まれ育った1人の少年が、 村の名産ともいえる水牛の角をナイフのハンドル部分にあしらったのが「ライヨールナイフ」の最初とされているようだ。

フォルジュ・ドゥ・ライヨール社のナイフ

現在では、フォルジュ・ドゥ・ライヨール社の造るナイフは長年に渡って培われた技術で創作される 「オートクチュール」として、 「商品登録証明」が、刻印され原産地を保証すると同時に、認可されたロゴは、 Forge de Laguioleで製造されていることも証明する唯一のフランス政府公認ナイフでもあります。

「フランスで最も美しい村」(Les plus beaux villages de France) に格付けされた村の数がフランスで最も多い県として知られる アヴェロンの村の人々にとっても非常に馴染み深い、 そして家族や仲間たちとくつろぐ時間を表す商品でもある。
もし、あなたが、年月と国境を越えて、代々継承され、愛する人に贈りたくなる、 その土地の美しいオブジェでありつづける ライヨール村のナイフを贈呈されたら、 その方に小銭を渡すことを忘れないように。
これは、フランスで古くから伝わる友情を絶たないためのおまじないである。

Text/Photo:Carlos Kawashima
更新日:2008-04-16
864pv

あわせて読みたい

コメント

 コメントはまだありません

コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※広告すべて却下、日本語のみ受付け(関係者対象外)。管理者の承認後表示されます
※If you are a this site officials, comments please send an e-mail
(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)
< PREV
10/65
NEXT >

最近のコメント
サンフランシスコで!
ロレイナ フェイホさんにサンフランシスコ...
雅美
映画見ました〜
映画でファンになりました〜 踊りが素晴...
由利江
スペインならアンへル・コレーラ!
こんなに顔の整ったバレリーナって珍しいで...
奈美子
今年のバレエ・フェスに
今年の世界バレエ・フェスティバルに出演さ...
友里
春にランチで
2015年の春に行きました、ランチ時でも...
健二
えっ?アンヘル・コレーラが?
凄すぎるぅ〜こんなところでコレーラにお目...
みどり
大活躍のロレーナ・フェイホさん
キューバのバレリーナは、たくさん世界中で...
優里
サンフランシスコに
ロレーナさん、サンフランシスコで踊ってい...
美咲
サンフランシスコで観ました、ロレーナ・フェイホさん
今年の春にSFで観ました、ロレーナ・フェ...
由里
そのうちにミシュラン!
凱旋門からほど近い裏通り?にある「シトラ...
裕一
新着順
2540PV
2117PV
2176PV
2458PV
2851PV
人気順
7795PV
3440PV
3322PV
3249PV
2851PV
2810PV
2729PV
2673PV
2588PV
2540PV
2496PV
2458PV
2324PV
2320PV
2316PV
2289PV
2247PV
2176PV
2117PV
2097PV
Callos Kawashima
The concierge
Carlos Kawashima
プロフィール:
メディア・プロデューサー。当サイトConcierge、各界の著名人のインタビューを通 して各界の「今」をご紹介予定。
Produce by Studio Winds Co.,Ltd.